【恋愛】平時のルールづくり

どんなに仲が良くて今までにケンカしたことのないカップルでも、相手の考えてる事が分からずすれ違いが生じたり、ギクシャクしたり、疑心暗鬼になったりするタイミングは、突然訪れると思う。

それぞれ自分の感情、価値観を持ってる人間だから、ぶつかる事は言わばごく自然。ホントにお互い何のしこりもなく過ごせてるカップルはいるのかもしれないけど、一方が何かしら少しの我慢をした上で良好な状態が保たれている場合もあると思う。

ぶつかる事は、相手のことをさらに理解するきっかけになる面もあるし、決して悪いことばかりではないと思う。もちろん、ストレスに支配されて叫んでしまいたい気分になるし、落ち込むし、滅入るけど。

ここで言いたいのは、ぶつかる事は当然と考えて、平時のタイミングに有事の際のルールを話し合っておくことが重要だと言うこと。

つまり、すれ違いが生じた時に、どう解消するか事前に合意しておくことで、感情にただただ流されて負の連鎖が起きることを防止する。

大地震発生のときに家族の避難場所をあらかじめ決めておくような感じに近い。

ルール内容をどうするかは、そのカップルに合わせてるのが良いと思う。間をおいてクールダウンするのが良いのか、手紙を書き合って思ってることを伝えるのが良いのか、電話でじっくり話し合うのが良いのか、直後に会ってハグするのが良いのか、たくさん考えられると思う。

積み上げてきたものが壊れるのは一瞬。

特に、人間は豊かで素敵な感情を持ってる反面、それが負の方向に働くこともある。

それだと悲しすぎるので、お互い理解し合えるように、先に進むためのルールを持っておく事はおすすめなのです。

以上、自分の後悔、経験も踏まえ書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です