【Mac】スクロールバーを『常に表示』して作業効率化しました【画像つきで方法紹介】

Mac bookを上から撮った写真

Macのスクロールバーを『固定表示』する方法についてです。

デフォルトでは、上記のように自動で消えてしまいます。

画面がスッキリして良いですが、自分の場所がすぐに分からず、たまにイライラの原因に、、、

そこで、スクロールバーを『常に表示』してみました。

上記のようなスクロールバーを、常に表示させることができます。

設定も簡単で、作業効率化できました。

方法についてを分かりやすく説明していきますね。

Daniel
Daniel

自己紹介:
この記事を書いている僕は、最近Macを買いました。

今までWindowsを長く使っていたので、毎日新鮮です。

Macのある暮らしを楽しみつつ、Mac初心者がやって良かったTipsを記事にしています。

Macのスクロールバーを常に表示する方法

最初に全体の流れをお見せします。

作業の流れ

簡単4ステップです。

  • 手順①:『アップルアイコン』を開く
  • 手順②:『システム環境設定』を開く
  • 手順③:『一般』を開く
  • 手順④:『スクロールバーの表示:』を変更する

では、順番に見ていきましょう。

手順①:『アップルアイコン』を開く

画面上部の「アップルアイコン」をクリックします。

手順②:『システム環境設定』を開く

『システム環境設定』をクリックします。

手順③:『一般』を開く

『一般』をクリックします。

手順④:『スクロールバーの表示:』を変更する

『スクロールバーの表示:』には、選択項目が3つあります。

  • マウスまたはトラックパッドに基づいて自動的に表示
  • スクロール時に表示
  • 常に表示

デフォルトでは、「マウスまたはトラックパッドに基づいて自動的に表示」が選択されているはずです。

これによって、スクロールしない時はバーが非表示化されていたわけですね。

こちら、「常に表示」にチェックを入れます。

以上で完了です!

これであらゆる場所のスクロールバーが常に表示されるようになりました。

スクロールバー表示設定の適用範囲

ちなみに、この設定の適用範囲ですが、

  • ChromeやSafariなどのブラウザ上
  • Finder上
  • Visual Studio Codeなど各種アプリ上

などなど、、、Mac上で動作するソフトには基本的に適用される?みたいです。

既に開いているページ

既に開いているサイトページなどは、すぐに反映されていないかも。

その場合は、ページを更新してみてください。

まとめ

ということで、Macのスクロールバーを常に表示させる方法についてでした。

自分のお好みや作業状況に合わせて、常に表示したり、させなかったりしてみてください。

今回は以上です!
最後までお読み頂き、ありがとうございました。
素敵なMacライフをお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です