ニーチェ『人が意見に反対するときは、だいたいその伝え方が気に食わないときである。』

One often contradicts an opinion when what is uncongenial is really the tone in which it was conveyed.
人が意見に反対するときは、だいたいその伝え方が気に食わないときである。

ニーチェの言葉です。

コミュニケーションってホントに難しいと思います。
人間は、対面で言葉を交わすことによってお互いに意思疎通できる能力を身に着けたわけですが、言い回しの違いや微妙なニュアンスの違い、あるいはそのときの感情が乗っかることで様々な解釈が生まれ、伝わり方のパターンも変わってきます。だからこそ人間のリレーションシップは面白いわけですが、ときには受け取った側が不快感を抱き、対立が生まれる原因にもなります。

それほど言葉のひとつひとつはとても繊細で、伝え方には注意深くなる必要があると思います。

結局は、相手に対して「思いやり」が持てるかどうかなのだと思います。お互いに気持ちよく生活できるように、相手の立場になって考えられるよう日頃から注意したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です