ラビューの意味とコンセプト

西武の特急ラビュー

ラビューの意味が知りたい人
「西武の新型特急の名前は「Laview(ラビュー)」と言うみたい。ラビューという単語は聞いたことがないんだけど、造語なのかな?ラビューにはどんな意味が込められているの?詳しく知りたいな。」

上記についてお答えします。

早速結論ですが、ラビューは造語です。
「贅沢なリビング」「矢」「眺望」という意味が込められています。

僕も以前の投稿で、下記の内容をご紹介しております。

ラビューの名前の意味は、コンセプトを知ることでさらに納得できます。この記事で詳しくご紹介します。

この記事の内容

  • ラビューの名前に込められた意味
  • ラビューのコンセプト
  • ラビューについてさらに知っておくべきこと

ラビューの名前に込められた意味

まず、「Laview」という名前ですが、これは西武鉄道が新しい特急車両をデザインするにあたって、コンセプト設計で導き出したものです。そのコンセプトは「いままでに見たことのない新しい車両」です。この考え方が根底にあり、以下のような要素が名前に反映されています。

  • L:贅沢(Luxury)なリビング(Living)のような空間
  • a:矢(arrow)のような速達性
  • view:大きな窓から移りゆく眺望

L:贅沢(Luxury)なリビング(Living)のような空間

ラビューは、まるで贅沢なリビングルームのような快適な空間を提供することを目指しています。家族連れでの長時間の旅も快適に過ごせるよう、広々としたシートや明るい内装が特徴です。

a:矢(arrow)のような速達性

ラビューは速さも追求しています。矢のようにスピーディーな移動を実現し、目的地までの時間を短縮します。忙しい家族の予定にもぴったりです。

view:大きな窓から移りゆく眺望

ラビューの最大の特徴の一つは、大きな窓です。これにより、乗客は広がる景色を存分に楽しむことができ、車窓からの風景を一望できます。特に子どもたちは、広がる風景に大興奮することでしょう。

ラビューのコンセプト

ラビューのデザインには、「いままでに見たことのない新しい車両」というコンセプトが反映されています。このコンセプトに基づき、ラビューは以下のような特徴を持っています。

  • 新しい体験を提供
  • 快適な車内空間
  • 環境に配慮した設計

新しい体験を提供

丸みを帯びた先頭車両のデザインは、未来的で洗練された印象を与えます。これにより、乗客はこれまでにない新しい体験を味わうことができます。

快適な車内空間

車内は明るい黄色を基調とし、開放的な雰囲気を演出しています。シートはゆったりとしており、長時間の乗車でも快適に過ごせます。また、天井には間接照明が施され、柔らかな光が車内全体を包み込みます。

環境に配慮した設計

ラビューは環境にも配慮した設計がなされています。エネルギー効率を高めるために、軽量化が図られており、最新の技術を駆使して低騒音・低振動を実現しています。

ラビューについてさらに知っておくべきこと

ラビューには「100年を逆から呼んだ001系」という思いも込められています。これは、西武鉄道が100年後も愛され続けることを願い、未来を見据えたデザインと技術を導入したことを象徴しています。

まとめ

ラビューの名前には、「贅沢なリビング」「矢」「眺望」という意味が込められています。この名前に込められた意味を知ることで、ラビューのコンセプトにも納得できるでしょう。ラビューに乗って、新しい体験を家族で楽しんでみてはいかがでしょうか?