【特急やくも】381系のラストランが迫る【歴史と魅力】

381系

こんにちは、ダニエルです。

特急やくも号で活躍する381系のラストランが今週末に迫りました。6月15日土曜日に定期運行のラストランを迎える381系は、鉄道ファンにとって非常に特別な存在です。その魅力や引退の背景、そして50周年を記念して施された特別な「復刻塗装」についても触れていきます。

やくも号と381系の歴史

まず、やくも号と381系の歴史を振り返ってみましょう。特急やくも号は、山陰地方を結ぶ重要な列車として多くの乗客に利用されてきました。381系は、そのやくも号を支えてきた車両で、1973年に導入されました。中央西線・篠ノ井線の電化完成に伴い、新造された381系は日本初の自然振り子式車体傾斜装置を搭載しました。

この装置により、曲線区間で車体を傾斜させることで遠心力を緩和し、高速走行時でも快適な乗り心地を提供しました。

381系の魅力と課題

次に、381系の魅力と課題についてです。この車両はその特徴的な技術も相まって、多くの鉄道ファンを魅了してきました。

自然振り子式技術によりカーブをスムーズに通過する姿や、独特な傾斜して走る乗車体験は注目されています。しかし、その仕組みによって不自然な揺れが生じることもあり、乗り心地が一般の車両よりも向上しているにもかかわらず、乗り物酔いを訴える乗客が多発しました。

そのため、一部の列車は「ゲロシオ」や「ハクモ」などと揶揄されました。近年のやくもについては、JR西日本が「ゆったりやくも」という名前を設定していましたが、それも「ぐったりはくも」と呼ばれることもありました。

引退の背景

乗り物酔いの問題を抱えていながらも、381系はここまで長きにわたって活躍を続けてきました。ではなぜこのタイミングで引退するのでしょうか?

主な理由は、車両の老朽化と新型車両への置き換えです。長年にわたる使用でメンテナンスコストは増大しており、新型車両による運行効率の向上が求められるようになりました。2024年4月6日に導入された新型車両の273系は、乗り心地を23%改善するとも言われており、制御付自然振り子装置を搭載しています。新型車両はゴールデンウィーク頃から続々と数を増やし、381系の役割を引き継いでいます。

50周年記念の「復刻塗装」

特急やくも号は今年で50周年を迎え、これを記念して特別な「復刻塗装」が施されました。この特別なペイントは、やくも号の歴史とその功績を称えるものです。美しいデザインとともに、鉄道ファンからの大きな反響を呼んでいます。

ラストランの詳細

381系のラストランは、6月14日〜15日にかけて行われ、現在まで活躍してきた381系の車両が順次運転を終了します。14日には緑やくも色と国鉄色のやくもがラストランを行います。そして15日にゆったりやくも色の381系がラストランを行い、すべての381系の車両が定期運用を終了するとのことです。

翌日以降はすべて新型車両の273系によって特急やくも号の運行は引き続き行われていきます。

まとめ

今日は特急やくも号で活躍している381系のラストランについてお話ししました。長年親しまれてきたこの車両の魅力や歴史、引退の背景、そして50周年を記念して施された特別な「復刻塗装」について知ることで、より一層、381系のその素晴らしさを感じていただけましたら幸いです。

非常に長い間にわたって活躍を続けてきた車両だからこそ、鉄道ファンのみならず、沿線の方々、また運航に携わる多くの方にとっても非常に特別な車両だと思います。そんな車両が運転終了となってしまうことは非常に寂しい気持ちでいっぱいですが、今後は引き続き新型車両の273系が「やくも号」としての陰陽連絡の役割を引き継いで活躍してくれるので、新しい車両を利用した伯備線の旅もたくさん楽しんでいけたらなと思っております。

今回は以上です!
見ていただき、ありがとうございました!