VMware Workstation Playerでの仮想マシン作成方法

こんにちは。ダニエルです。

Linuxなどの実機環境を手軽に手に入れたいとき、VMware Workstation Playerが大変便利です。
今回はVMware Workstation Playerをインストールした後に、LinuxやWindows ServerなどのOSをインストールするため必要となる、仮想マシン(VM)の作成方法をお伝えします!

まだ、VMware Workstation Player をインストールされてない方は以下の記事をどうぞ↓↓↓

Linux学習にもおすすめ!VMware Workstation Playerのインストール方法

4月 27, 2019

仮想マシンとは?

仮想マシンとは、一言で言えば「仮想的に作り出されたコンピュータ」のことです。
BIOS、CPU、メモリ、HDD、ネットワークアダプタといった物理コンピュータの構成要素をソフトウェア的に再現し、物理コンピュータと全く同じように使える状態にしたマシンのことを言います。

英語で仮想マシンを意味する Virtual Machine を略し、VMと言われることも多いです。
作成した仮想マシンにOSをインストールすることで、物理的な環境と全く同じようにLinux環境なども構築することができます。

新規仮想マシンの作成

新規仮想マシンの作成

インストール元の選択

ゲストOS選択

仮想マシンの名前入力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です