【WordPress】Twitterタイムラインを埋め込む方法

Twitterタイムラインを埋め込む

こんにちは、デザイナーをしているダニエルと申します。

下の画像のとおり、WordPressではTwitterのタイムラインをサイドバーやフッターなどに埋め込むことができます。

完成イメージ|Twitterのタイムラインを表示できる

ご覧の通り、自分のツイッター投稿をリアルタイムで更新表示してくれます。ただし、仕様によりいいね数を表示することはできないようです。この記事にて、タイムラインを埋め込む方法をご紹介します。

どのWordPressテーマをお使いの場合でも問題なく機能すると思いますが、お使いの環境によっては動作保証は出来かねるのでご了承ください。念の為僕の使用しているWordPressテーマをお伝えしておくと、SANGOを使っています。

WordPressでTwitterタイムラインを埋め込む方法

埋め込み用HTMLを発行してくれるサービスがあります。これはTwitter公式のサービスで、なかなか出来が良いです。そのためTwitterタイムラインを埋め込む作業は、意外とさくさくっと完了できます。

以下、方法についてご説明します。

WordPressでTwitterタイムラインを埋め込む手順

簡単4ステップです。

  • 手順1:Twitterパブリッシュツールを開く
  • 手順2:TwitterのプロフィールページURLを入力する
  • 手順3:カスタマイズする
  • 手順4:ブログ内に埋め込む

では、順番に見ていきましょう。

手順1:Twitterパブリッシュツールを開く

下記のリンクからTwitterパブリッシュツールを開いてください。画像の通り、青と紫のグラデーションがかった画面が表示されます。

手順2:TwitterのプロフィールページURLを入力する

開いた画面上にはURLの入力欄があります。ここにタイムラインを表示したいTwitterアカウントのURLを入力します。下記リンクからTwitterを開いて、タイムライン表示するアカウントのURLを取ってきましょう。

参考 Twittertwitter.com

Twitterにログインしてアカウントのアイコンをクリックします。プロフィールページが表示されるので、URLをコピーします。

パブリッシュツールの画面に戻り、コピーしたURLを入力してEnterキーを押下します。または、右側のボタンをクリックします。

手順3:カスタマイズする

ここまでの作業で、埋め込み用HTMLと表示例が出てきます。しかし、このままでは縦にながーい状態で表示されてしまうはずです。そこで、お好みに合わせてカスタマイズすることをおすすめします。画像のとおり、[set customization options.]をクリックしましょう。

手順4:ブログ内に埋め込む

WordPressの管理画面にアクセスします。

メニューバーの外観→ウィジェットを開きます。

まとめ

今回は以上です!
最後までお読み頂き、ありがとうございました。
素敵なWordPressライフをお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です