【Mac】スクリーンショットの保存先を変更してみた【画像つきで方法解説】

Mac bookを上から撮った写真

Macのスクリーンショットの保存先を変更する方法についてです。

設定も簡単で、すぐに完了できます。

画像つきで、分かりやすく説明していきますね。

Daniel
Daniel

自己紹介:
この記事を書いている僕は、最近Macを買いました。

今までWindowsを長く使っていたので、毎日新鮮です。

Macのある暮らしを楽しみつつ、Mac初心者がやって良かったTipsを記事にしています。

Macのスクリーンショットの保存先を変更する方法

大きく2つの変更方法があります。

2つの変更方法

  • 方法1:『Ctrl』+『Shift』+『5』から設定
  • 方法2:ターミナルコマンドから設定

僕は基本的に「方法1」のやり方で変更しています。

「方法2」はターミナルからのコマンド1発で変更できる方法です。頻繁に保存先フォルダを切り替えたい場合に便利なはずです。

お好みの方をお選びください。順番に解説していきます。

方法1:『Ctrl』+『Shift』+『5』から設定

こちらは、ショートカットキーでショートカットメニューを呼び出し、対象ディレクトリを選択することで設定する方法です。

  • 手順①:『Ctrl』+『Shift』+『5』を押下
  • 手順②:『オプション』を開く
  • 手順③:『保存先』を選択

細かく見ていきましょう。

手順①:『Ctrl』+『Shift』+『5』を押下

『Ctrl』+『Shift』+『5』を同時に押下します。

手順②:『オプション』を開く

『オプション』のプルダウンリストをクリックします。

手順③:『保存先』を選択

画像のとおり、表示されるリストの上部に『保存先』の項目があります。

こちらから対象ディレクトリを選択します。

表示されていない場合は、『その他の場所…』をクリックして選択します。

『Ctrl』+『Shift』+『5』から設定する方法は、以上で完了です!

方法2:ターミナルコマンドから設定

こちらも簡単 3ステップ です。

  • 手順①:『ターミナル』を起動する
  • 手順②:コマンドを実行する
  • 手順③:『ターミナル』を終了する

では、見ていきましょう。

手順①:『ターミナル』を起動する

『Finder』を開きます。

『アプリケーション』をダブルクリックします。

『ユーティリティ』をダブルクリックします。

『ターミナル.app』をダブルクリックします。

これでターミナルが表示されました。

手順②:コマンドを実行する

コマンド書式:
defaults write com.apple.screencapture location (保存先のパス);killall SystemUIServer

コマンド書式は上記のとおりです。

「(保存先のパス)」を任意の値に変更してください。

コマンド例(「/Users/daniel/ScreenShot」へ変更):
defaults write com.apple.screencapture location /Users/daniel/ScreenShot;killall SystemUIServer

/Users/daniel/ScreenShot」は任意の値に書き換えてみてください。

ターミナルにCommandV で貼り付けます。

上記のように表示されました。
ターミナルウィンドウがアクティブ化している状態で、『Enter』キーを押します。

デフォルトパス(デスクトップ)に戻す場合:

スクリーンショットのデフォルト保存先は、デスクトップが指定されているはずです。

defaults delete com.apple.screencapture location;killall SystemUIServer

デスクトップに指定先を戻したい場合は、上記のコマンドを実行してみてください。

まとめ

ということで、Macのスクリーンショットの保存先を変更する方法についてでした。

今回は以上です!
最後までお読み頂き、ありがとうございました。
素敵なMacライフをお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です