【Mac】Dockのアイコンは、拡大表示させないほうが使いやすい【方法解説】

Mac bookを上から撮った写真

Dockのアイコンにマウスオーバーしたときに、拡大表示させない方法についてです。

Dockはめっちゃ便利ですよね。デフォルトだと、アイコンを選択したときに拡大表示されます。

最初は「おしゃれだなあ!!!」と感動してました。

しかし使い慣れてくると「お目当てのアイコンを選択しにくい!!!」とイライラを感じるようになりました。

これ、拡大表示させない方法がありました。

以下のように拡大せずに表示できます。

動画のとおり、拡大しなくなります。

ということで、やり方を分かりやすく説明します。

Daniel
Daniel

自己紹介:
この記事を書いている僕は、最近Macを買いました。

今までWindowsを長く使っていたので、毎日新鮮です。

Macのある暮らしを楽しみつつ、Mac初心者がやって良かったTipsを記事にしています。

Macの『Dock』選択時の拡大表示をやめる方法

まず、デフォルトの状態と比較してみましょう。

設定前後を比較

★設定前(デフォルト)

★設定後(拡大しなくなる)

早速、作業の流れを見ていきましょう。

作業の流れ

簡単 4ステップ です。

  • 手順①:『アップルアイコン』を開く
  • 手順②:『システム環境設定』を開く
  • 手順③:『Dockとメニューバー』を開く
  • 手順④:『拡大:』チェックをOFFにする

順番に見ていきましょう。

手順①:『アップルアイコン』を開く

画面上部の「アップルアイコン」をクリックします。

手順②:『システム環境設定』を開く

『システム環境設定』をクリックします。

手順③:『Dockとメニューバー』を開く

『一般』をクリックします。

手順④:『拡大:』チェックをOFFにする

画像のとおり、『拡大:』のチェックが有効化されているはずです。

チェックをクリックして、無効化します。

『拡大:』のチェックを外し、無効化が完了です!

簡単ですね。

まとめ

Dockのアイコンを拡大表示させない方法についてでした。

今回は以上です!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
素敵なMacライフをお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です